初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

 

 

東城のお通り

 2006年11月3日(金)文化の日、好天に誘われて、広島県北の県民の森へ行って見ようという事で、192号線を東城へ向かいました。順調に車も流れ東城の町に入りますと、道に飾りつけがなされて、いつもは殆ど人影を見ないのに、きょうはお店の戸は開かれて、いつもより人の気配が、やたらします。テントが張られたり、駐車場の案内があったり、通行人もあちこちに見えます、何かなと超徐行してみると、お祭りのようです。折角のチャンスですので、覗いてゆくことにしました。駐車場に留めさせてもらうと、その文明堂というお店では、東城特産の素朴な味わいのある母衣(ほろ)人形と母衣土鈴を売っておられ人形のほうを一体購入して、通りをぶらついて見ました。

ho3590.jpg (76688 バイト) ho3594.jpg (75541 バイト) ho3592.jpg (93960 バイト) ho3593.jpg (74428 バイト) 紅白の垂れ幕が張り巡らせれ、いつもと違う雰囲気の東城の町です。お通りを知らせる案内表示と横長の紙には、お通りの行列の様子が描かれています。

ho3591.jpg (54767 バイト) ho3595.jpg (72711 バイト) ho3596.jpg (78319 バイト) 文明堂さんで買った母衣(ほろ)人形です、高さ10センチほどの素朴な人形で、今岡明子さんの作品で、1800円でした。箪笥でしょうか裃と文明堂では、展示していました。

頂いたパンフレットによると14回目だそうで、庄原市と平成の大合併して初回となるそうです。12時からメインイベントの”お通り”という行列があるそうで、丁度良いタイミングで東城へ来たものです。ぶらついて見ますと、商店街の各家が、お宝というか古くから伝わるものを店頭に並べて見せたり、特産のリンゴ・ピオーネ・野菜などを並べたり、団子・おこわ・栗ご飯であったりを売っています。また、比婆荒神神楽の写真や装束などの資料の展示もあリました。

ho3597.jpg (66528 バイト) ho3598.jpg (84864 バイト) 店先で町内のご婦人方が愛嬌を振りまいています。昔の結婚式の模様です。

ho3599.jpg (59688 バイト) ho3600.jpg (94153 バイト) ho3601.jpg (91888 バイト) ho3602.jpg (74075 バイト) 比婆荒神神楽の資料展示もありました。

和風の旅館、三楽荘も開放されて、内部では、お茶・食事も摂れるようでした。

ho3603.jpg (68131 バイト) ho3604.jpg (79109 バイト) ho3605.jpg (52640 バイト) ho3606.jpg (53630 バイト) ho3607.jpg (116823 バイト) 商店街の中ほどにある老舗和風旅館の三楽荘も開放され、お部屋で食事も出来るようでした。

12時近くになりましたので、町並みの見学は終えて、お通りの出発会場の登場小学校へ向かいました。車も一杯で、人出もどこから来たのというくらいの多さで、びっくりです。イカ焼・たこ焼き・とうもろこし焼・やきそば・フランクフルト・綿菓子などの露店もテントを並べて、客を呼び込んでいます。

ho3608.jpg (69312 バイト) ho3609.jpg (94514 バイト) ho3611.jpg (56687 バイト) 会場の東城小のグラウンド。多くの人でと立派過ぎる?箱物・体育館。

12時から比婆荒神神楽のお決まりの演目が3・4種類演じられ、大名行列に続いて母衣・華童子の行列、日舞の藤娘が舞われ、勇ましい武者行列が執り行われました。

ho3610.jpg (71018 バイト) 野点が披露され、比婆荒神神楽が上演されます。

ho3621.jpg (61714 バイト) ho3614.jpg (56003 バイト) 前座ともいえる舞がふたつ演じられて、

ho3612.jpg (59735 バイト) ho3615.jpg (84487 バイト) ho3616.jpg (59305 バイト) ho3617.jpg (72289 バイト) ho3619.jpg (50484 バイト) ho3618.jpg (53908 バイト) ho3620.jpg (46956 バイト) お目当ての大蛇退治となり、クライマックスを迎えます、いつも同じストーリーですが、そのエッセンスを短時間にまとめて見せてもらいました。

続いて、大名行列の入場です、関が原の戦いの勝利で、広島城主となった福島正則の家老・長尾隼人が東城の城に入城したことの再現らしいです。

ho3622.jpg (74141 バイト) ho3623.jpg (68650 バイト) 殿様・お姫様と腰元・家来の登場です、殿様は、庄原市の滝口市長だそうです、議会での答弁よりは、気が楽でしょう。

ho3624.jpg (78640 バイト) ho3625.jpg (64797 バイト) ho3626.jpg (77996 バイト) ho3627.jpg (81033 バイト) ho3628.jpg (86665 バイト) ho3629.jpg (91478 バイト) 

母衣(ほろ)・華童子の登場です。小学6年くらいの女子生徒でしょう、背中に重そうな荷物を背負い、その上の人形とさざんか(山茶花)の花飾りと綿入れのようなごつい着物と大変荘です、付き添いの親御さんも大変でしょう。母衣とは、武士の時代に鎧の背につけて飾りとし、戦場では武具として矢よけにもちいられたそうですが、かえって目立ってやられそうに思えますが、理解できません。その後、我が子の健康と平和を願って「母の衣で包む」といういみの母衣という装飾品として今のようになったそうです。背中の荷の上の人形も様々です。

さらに、殿様ご一行をもてなす、日舞”藤娘”や野点で接待歓迎をします。

ho3633.jpg (79029 バイト) ho3630.jpg (84352 バイト) ho3631.jpg (82311 バイト) ho3632.jpg (79306 バイト) 

歓迎のセレモニーが終わると、先導を勤める武者と兵士が現れ、大砲の合法を合図にお通りの行列が東城の町を練り歩きます。

ho3634.jpg (80279 バイト) ho3635.jpg (85309 バイト) ho3636.jpg (74264 バイト) ho3637.jpg (68900 バイト) ho3638.jpg (84359 バイト) ho3639.jpg (37864 バイト) 先導の兵士たちも来て全員集合、大砲の合図でいざ出発。

その後、この出演者たちは、東城の町並みを行列するようです、私たちは、ここまで見せてもらって、県民の森を目指しました、いいものを見せてもらいました、と同時にこの地域にもこんな美たくさんの人達が生活しておられるのだと改めて認識させられました。

ho3640.jpg (74999 バイト) ho3642.jpg (92113 バイト) ho3641.jpg (131149 バイト) 陽の傾きかけた県民の森。

’07・1・8