初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

 

 

三木耳鼻科増・新築・・1・・

2006年7月19日(水) 、大安の日に上記の地鎮祭を執り行いました。九州・山陰・北陸などが梅雨の大雨に見舞われているなか、当日の天気がどうなるか心配でしたが、明け方には何とか上がり、テントに溜まった水を取り除いて、早朝のセレモニーに備えました。

ho3100.jpg (91780 バイト) ho3102.jpg (72869 バイト) ho3101.jpg (85582 バイト) 当院と増・新築の予定地の当院駐車場。

ho3103.jpg (79447 バイト) ho3104.jpg (67490 バイト) 前日、大黒町商栄会の黄色のテントをお借りして、地鎮祭のセットアップ。

実相寺の副住職・佐伯恵順さんに無理をお願いして、診察時間の前に地鎮祭をしてもらいました。FACM館長夫妻やご子息夫妻や調剤薬局の社長一家と橋本設計士などお世話になっている人々が集まってきていただき、応援して頂き心強い気持ちになれ有難い事です。

ho3117.jpg (73050 バイト) ho3107.jpg (73727 バイト) ho3108.jpg (71431 バイト) ho3109.jpg (72092 バイト) ho3110.jpg (65462 バイト) つい先程まで降っていた雨もやんで、なんとか地鎮祭を執り行うことが出来ました。実相寺副住職・佐伯恵順さんと参加者。

ho3111.jpg (66095 バイト) ho3112.jpg (65891 バイト) ho3115.jpg (99041 バイト) ho3113.jpg (61851 バイト) ho3116.jpg (69175 バイト) ho3114.jpg (66436 バイト) 四隅に塩・米・酒をまいて清め祈り、杭穴にも参加者一同塩・米・酒をまき、清め工事の安全と完成を祈りました。

当院も会員以来25年を経て、周囲の環境・情勢・制度も変化してきており、わたしももうじき還暦を迎える歳となり、心機一転・建武の中興ではありませんが、これから医療人として、もう一仕事と思い数年前からこの計画を練ってきたもので、新たな精神的な刺激となってあと10年余り、頭脳と体力が続き可能であれば、生涯現役とはいかなくても仕事を続けられるパワーとしていきたいと思い、この歳で増・新築を計画しました。建物は、現在のデザインを基調にシンボルというか名物となるタワークロックをポイントにしようと思っていますのでご期待ください。西洋では、どこの街にも教会や城や市庁舎があり時計台が時を告げています、日本でもお寺やお城に鐘楼があり、時を告げていたのと同じです。これを、わたしが理事をさせてもらっているFACM(福山自動車・時計博物館)の関係で、中世とは言わないまでも100年ほど前のヨーロッパ製の塔時計(タワークロック)を輸入して、整備して屋根の上に設置して鳴り響かせようというのです、愉しくて仕方ありません、生きるパワーになります。

続きをおたのしみに!8月1日から本格工事の開始予定です。

06・8・7