初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

 

 

ゴギ釣り

2005年7月31日(土)、明日は日曜祭日当番医に当たっているので、2週間出かけられません、なんとかストレス解消をと思い、午後、確実にいくらかは釣れるであろうエサ釣りのホームリバーへ出撃しました。大雨注意報が出ていましたが、まだ降る気配はありません。少しいやな雰囲気の雲が見えます、雨の前のなんともいえない蒸し暑い天気です。到着すると少し青空が広がりヒグラシの鳴く中、ウエーダーに着替えて、いつものようについ嬉しい気分で、川へ入りました。すぐに一匹・二匹とまあまあのが遊んでくれました。これなら堰堤下でいつものが待っていてくれると読んで、低い態勢でひらきの駆け上がりを流しましたが手ごたえ無く、やや動揺します。今度は、先日大水の時に引きずり出した岩の向こうから流すも無反応、アリャという感じで、あちこち流すも無反応、どこかへ行ったのか?誰かに釣られたのでしょうか?誰かに釣られたのなら、前回釣った時持ってかえって塩焼きにでもするか、骨酒にでもすればよかったのかという気持ちも少しはしました。

ho2365.jpg (121143 バイト) ho2366.jpg (101545 バイト) ho2367.jpg (97726 バイト) ho2368.jpg (87840 バイト) ho2369.jpg (81792 バイト) 堰堤下までは、予定通り釣れました。(堰堤下のポイントを除いて)。

諦めて堰堤の上流を暗くなる前まで釣り登りましたが、なぜか出足の好調とは打って変わって反応がありません、慎重にアプローチしてみてもここぞという所からは出てきてくれません、心無い馬鹿な釣り人が、嬉しそうな顔をして釣りきったのでしょうか?ゴギの純系と思われる魚たちを、後先考えずに釣ってゆく釣り人のあさましさを見せ付けられたようなイヤな悲しい気分になりました。以前にもこのようなことがありましたが、何とか回復してきたなという感じでしたのに残念で仕方ありません。でも、ほんの10センチ弱のゴギは、多少残っていますので望みを繋ぎましょう。

ho2370.jpg (117509 バイト) ho2371.jpg (96173 バイト) ho2372.jpg (143870 バイト) ho2373.jpg (87673 バイト) 10センチ周りのゴギのみでした。このメンバーは生き残って大きくなって子孫を残して欲しいものです。

ho2374.jpg (97556 バイト) ho2375.jpg (108027 バイト) 川の様子。デジカメのバッテリーの電池が少なくなって、フラッシュなしで写し、周りも暗くなってきて手ぶれしてお見苦しい点ご容赦を!

ho2376.jpg (84338 バイト) 釣り残された狭い窪みから出た最後の岩魚(ゴギ)。名前どおり岩の穴に潜んでいました。

あの位の流量の川ですので、あまりエサも充分ではないでしょうから、エサを見せられれば、無垢なゴギは、ちょっとした腕の釣り人にかかれば、赤子の手をひねるようなものでしょう。ゴギの保護河川・キャッチアンドリリースを自主的にして、ゴギと釣り人のパラダイスとして残してやりたいものです。

当番医が暇ですので、アップしています。

’05・7・31