初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

夏休みドイツ・ベルギーツアー・・・3・・・

8月10日のつづきです。ハイデルベルグからライン川方面へN61に乗って向かいました。サービスエリアで、ソーセージ・フライドポテト・キャベツの酢漬とアルコールのないアップフェルザフトと食後のケーキとオーバーカロリーの昼をとり、ライン川のほとりのビンゲンにつき、ラインの左岸にそって、地道を下流へ走りました。川岸の斜面には、これでもかと、いわんばかりにブドウが植えてあります、ワインしかドイツ人はのまんのか?と思わずにはおれません。斜面や川の中州にはガイドブックで見たような城・砦が次々とあらわれ、川面には遊覧船や物資輸送の艀など右をみたり、左をみたり、上をみたりと大忙しです。これぞドイツの観光の代表的な構図そのものです。同じような風景にもなれ、丘の上に、きれいそうな城がみえたので、車でそれを目指して登ったらバッハラッハのシュターレック城で、ユースホステルになっております。ここからの眺めも素晴らしく、眼下をラインの流れがうねり、ブドウ畑と街並みと絶妙の景色です。バッハラッハの街へおりて散策をしましたが、観光で生活しているようで街並みを整備して、綺麗にかざり、レストラン・土産物屋などが軒をつらねて結構、人がいてにぎやかでした。さらに川沿いにくだり、ローレライをすぎ、ザンクトゴアールの街につき、ホテルをさがしましたが、よくわからず、町の人にきくと、もう2キロほど下手だそうで、さがしていくと、町からはなれた所にある1軒だけのちいさなホテル・ランズクネヒトが、ありました、ドイツ風民宿というところでしょうか?綺麗にしてましたが、屋根裏のような部屋でかわいい壁紙が印象的で、もっと若い年齢層をターゲットにデザインされたのでしょう、窓は良くできていて、縦にも横にも開くようになっており、かなり考えましたが、原理が理解できませんでした、日本にもあるのかなと・・・夕食にST・ゴアールの町の上にあるラインフェルス城のレストランへでかけましたが、結婚式の披露宴?があるようで断られ、とまっているホテルのライン川が見渡せ対岸にはブルグ・マウス(ネズミ城)をもぞむ、オープンエアーのレストランで茶色の瓶のラインワインをいただきました。ただ、空がにわかに掻き曇り、あわてて、室内のテーブルに移動するというハプニングもあり、床につきました。写真をみてください。

fra54.jpg (216699 バイト) fra41.jpg (233157 バイト) fra42.jpg (237644 バイト) fra43.jpg (213771 バイト) fra44.jpg (267202 バイト) 午後、ライン川流域に着き、綺麗そうな城を、見つけて登ってみたら、バッハラッハのシュタールエック城でした。城からライン川上流方向、足元は、バッハラッハの街。 城の正面。 下流方向、山の斜面は、ブドウ畑でラインワインになるのでしょう。 昔使っていた、貯水池か?。 城内、今は、ユースホステルとして使われている。バンクベッドが見えました。

fra45.jpg (203230 バイト) fra46.jpg (251013 バイト) fra47.jpg (235605 バイト) 足元にみえたバッハラッハの街。後ろ上にシュタールエック城が、見える。 きれいに花で窓をかざったりブドウの木でデコレートした店。 ドイツの家屋によく見られる白壁と木のクロスした梁と独特の屋根のカーブ。

fra48.jpg (211020 バイト) fra49.jpg (211981 バイト) バッハラッハから下流へむかうと、中州にプファルツの砦が見え、対岸のカウプの町とグーテンフェルス城。

fra50.jpg (244311 バイト)  さらに下流へいくと、あのローレライ。川幅が狭まり、流れも速く、屈曲していて難所だそうです。手前が下流。正面の岩山の上に、旗が立っている所。手前の川岸は、キャンプサイトで、沢山のトレーラー・ハウスが見えます、ここを基地にして、いろんなレクリエーションを愉しむスタイルのようです。観光・ボート遊び・サイクリングなどなど・・・

fra51.jpg (224628 バイト) 今回使った車と今夜のお宿、すぐ裏がライン川のガストホーフ・ランズクネヒト。アウディRS6アバントです。4.172L450HP4WD。

fra52.jpg (217912 バイト) fra53.jpg (205233 バイト) 宿へついて夕食にザンクト・ゴアールのラインフェルス城のレストランへでかけたが、あいにく結婚披露のパーティーのため断念。 城とレストランのテラスからのライン川とザンクト・ゴアールの町。 

’02・9・3