初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ
瀬戸内マル秘スポット

 2007年2月4日(日)、暖かそうな陽射しに誘われて、以前、とある新聞で目にとまって気になっていた、瀬戸内に浮かぶ鎧・兜と多々羅大橋とみかんで有名な大三島にある小さなミュージアムへ117クーペで行ってきました。その名は”ところ”ミュージアムです。大三島のどのあたりにあるのかとか?どのようなロケーションに建っているのか?どのような作品が展示されているのか?ははっきりとは記憶に残ってはいませんでしたが、その紹介記事に、その場所からの景色が気に入って、ミュージアムを建てたということが、やけにはっきり記憶に残っていましたので、チャンスを見つけていつの日にかと窺っていました。陽気に誘われて、11時頃家を出て早目の昼食を食べて、しまなみ海道を、快調にエンジンを回して、あっという間に尾道大橋・因島大橋・生口島橋・斜張橋の多々羅大橋を渡るともう大三島です。

ho3665.jpg (43696 バイト) 世界一の斜張橋の多々羅大橋。広島・愛媛県境で、福山から小1時間。

ICで降りて案内板を見ると、ところミュージアムの案内もあり、指示に従って進むと、山を越えて宮浦の大山祇神社へ出て、さてどちらへ進めば良いのやらで、目線をあちこち配って、道を探して、宮浦から島の西岸を南へすすむと10分ほどで大崎上島を望む島の斜面の中腹にモダンなコンクリートの打ちっぱなしの小さな建物が、道路わきに目立つことなく建っていました。ミュージアム前のPに駐車すると、いきなりキッシングドアという作品が目に飛び込んできます。ミュージアムの建物に近づくと島の斜面には、ミカンの木のグリーンとオレンジ色のがとても鮮やかに海と空の色に映えて見えます。なるほどこの地を、選んだ理由が一瞬にして解る気がして、私も気に入ってしまいました。

ho3668.jpg (67952 バイト) ho3666.jpg (63512 バイト) ho3667.jpg (55054 バイト) オレンジ・グリン・2種類のブルーが、鮮やかな瀬戸内の景色です。ところミュージアムの入り口。キッシングドア。

ミュージアムに300円の入場料を払って入りましたが、展示物が階段状に展示されていいリズムです。

ho3669.jpg (32313 バイト) ho3670.jpg (62486 バイト) スギ間伐材と透光性のあるケミカル材の屋根で自然光がやわらかい。

ho3671.jpg (64228 バイト) ho3672.jpg (50623 バイト) ho3673.jpg (41099 バイト) ho3674.jpg (64589 バイト) ho3675.jpg (25360 バイト) ho3676.jpg (40536 バイト) 思わず笑うような作品やうーんと考え込むような作品や覗き込むような作品と結構愉しい作品群です。

ho3677.jpg (48030 バイト) ho3678.jpg (52650 バイト) ho3679.jpg (53017 バイト) ho3680.jpg (59478 バイト) 

ho3681.jpg (34367 バイト) テラスの側面の枢機卿。

ho3682.jpg (59328 バイト) ひとつ谷を隔てて見える鉄の花のオブジェ。

ho3683.jpg (56398 バイト) ho3684.jpg (78790 バイト) ここにも間伐材とシンプル・エコ・モダンがキーワードですかね?

ho3685.jpg (48910 バイト) テラス。

内外の作家のモダンアートを見た後には、階段の最下部のテラスに出てきます、ここが地中海の隠れ家的なリゾートを、想像させてくれるスポットで私のモストフェイバリットプレイスのひとつとなりそうだと直感しました。建物は、コンクリートの打ちっぱなしに、杉の間伐材でフレームをつくり、屋根を架けてあり、山の斜面を利用した多層構造になっていて、最も下段で海に近い部分に白っぽい御影石のテラスが配されています。ここのテラスで目を閉じて、風を感じて、木々の音をきいて、鳥の鳴き声と、日の光に包まれていると、スーと吸い込まれそうな何ともいえないいい気持ちになれます。

ho3689.jpg (44668 バイト) ho3687.jpg (115352 バイト) ho3686.jpg (70816 バイト) ho3688.jpg (55056 バイト) 一目ぼれで翌週も行ってみました。キッシングドア(kissing Door)にしてもらいました。向こうの丘のオブジェ。大崎上島を見晴らすテラス。

来館者も少ないし、マイ別荘のような気分にひたれます、時間があれば是非一度。

’07・3・11