初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

 

 

夏・欧州紀行(スロベニアなど)・・7・・

 2006年8月12日から20日まで、今年は、オーストリアのバーデンから南下してスロベニアに入り、北イタリアのパドバからドロニテ山系の峠ドライブをして、ブレンナー峠からインスブルック(オーストリア)へ戻り、アッヘンゼーからミッテンバルト経由ミュンヘンというドライブ計画で旅行してきました。

2006・8・15(火)、今日は、私が今回の旅で最も見たかった山の景色です。北イタリアのオーストリアとの国境地帯の南チロルの山々で、ドロミテ山塊です。前回では、なんとかコルチナ・ダンペッツオへ着いて、ミズリーナ湖へ着きましたのでその後のお話です。ガイドブックなどでも感じは判っていたつもりですが、実際のスケール・位置関係などは判りませんでしたが、急坂のドライブの後、目の前に広がった景色でこれだとすぐわかりました。

u277.jpg (70622 バイト) u278.jpg (73325 バイト) コルチナ・ダンペッツォの街です。

u279.jpg (84318 バイト) u280.jpg (58942 バイト) u281.jpg (65591 バイト) u282.jpg (79958 バイト) u283.jpg (74363 バイト) ここから急坂を10km近く走って、お目当てのミズリーナ湖とトレチマ・ディ・ラバレードを目指しました。

湖とホテルと3つの峰トレチーメ・ディ・ラバレードが見えてやって来ましたと言う感じがしました。ただ、人が多かったのは、想像外でした。岩山の色は、やや白っぽくで、フランス人地質学者ドロミユーの名前に由来するドロマライトという石灰質の岩石の色です。

u284.jpg (55971 バイト) u285.jpg (63682 バイト) u289.jpg (52519 バイト) u288.jpg (82991 バイト) ミズリーナ湖と3つの峰のトレチメ・ディ・ラバレード(2999m)。イエローの壁と緑の窓枠とチョコレート色の屋根、とてもよろしい、今新築中の家のカラーの参考にしたいものです、どっしりとして安心感もあり、いいナーと思いました。

u286.jpg (66868 バイト) u287.jpg (63403 バイト) u290.jpg (55763 バイト) ミズリーナ湖畔でくつろぐ人々。涼しくて天国です。

ミズリーナ湖からコルチナの街に引き返して、下り坂からみたコルチナの街です。車のエンジンオイルの警告灯が点いたので、GSでオイルをコルチナで補給して、そのままドロミテ山塊のドライブをすることにしました、まだ先は長そうです。

u292.jpg (76865 バイト) u292.jpg (76865 バイト) コルチナの街の北東にあるクリスタロ山。

u293.jpg (73860 バイト) 西のラ・トタネ山(3243m)。

u294.jpg (80247 バイト) u295.jpg (73823 バイト) コルチナの街を出て、西の山ポルドイ峠方面に向かいます。

ひとつの峠を越えてアラッバの村を通り、パッソ・ポルドイの標識に従って峠を目指します。凄い形の山が次々と現れます。また良く見ると、ロープウエーがひかれていたり、スキーリフトの支柱らしきも見えます。

u296.jpg (49451 バイト) u297.jpg (40662 バイト) u298.jpg (72083 バイト) u299.jpg (62217 バイト) u300.jpg (73988 バイト) u301.jpg (67602 バイト) u302.jpg (67704 バイト) 色々の形の山容が現れます、高度が上がると気温が下がります。このようなアップダウンを繰り返して、アラッバの村へ着きました。ここからカナツェイ方面パッソ・ポルドイへ向かいます。

u303.jpg (41184 バイト) u304.jpg (71756 バイト) u305.jpg (71573 バイト) u306.jpg (67073 バイト) u307.jpg (61981 バイト) 逆光の中の団子状の岩の下が、ポルドイ峠です。行きつ帰りつのヘアピンロードを登ってゆきます。峠の横にそびえる城壁状のポルドイ山(2950m)。 

u308.jpg (77187 バイト) u309.jpg (87609 バイト) u312.jpg (59582 バイト) u310.jpg (93295 バイト) u311.jpg (73842 バイト) ポルドイ峠(2239m)に着きました。土産物屋・食堂がありまして、エスプレッソを飲みました。そばに、キリストの磔刑像があります。峠の南に最高峰のマルモラーダ山(3343m)のてっぺんの雪が見えます。

ここまで走ってきた地域が、ドロミテ山系の東半分で、これからが西の核心部です。パドバ出発が遅かったため、大分時間的には遅くなって光もかなり傾いてきました。ポルドイ峠で一休みして、峠を一気に下り、カナツェイへの道と分かれて、再びセラ峠(パッソ・セラ)を目指して急なのぼり坂です、頭上には、ポルドイ山の西の端に部分が覆いかぶさるように聳えています。ヨセミテ公園のエルキャピタンのようです。急坂を登りきるとパッソ・セラです。振り返るとポルドイ峠がはるか遠くに見え、ホテル・ポルドイが小さく見え、マルモラーダ山の雪もみえます。

u313.jpg (71852 バイト) u314.jpg (44081 バイト) u315.jpg (42841 バイト) u316.jpg (60227 バイト) ポルドイ峠から一気に下ります。行く手にサッソ・ルンゴ(3181m)が見えます。ホテル・ポルドイ。

u317.jpg (63197 バイト) 頭上に覆いかぶさるような岩山、ポルドイ山の西に端。

u318.jpg (56973 バイト) u319.jpg (62973 バイト) u320.jpg (60184 バイト) u321.jpg (56031 バイト) 再び、ぐんぐんと上りきるとセラ峠。ポルドイ峠とマルモラーデ山が見えます。

前には、特異な形の岩山サッソ・ルンゴが、傾きかけた太陽の光にシルエットとして印象的な姿を見せてくれています。一昨年ガスの中にわずかに見えて、是非とも来て見たいと思って引きつけられたのがこの山でした。壮絶な山容です。そこから坂道を下ってセルバ・オルティセイの村といってもとても綺麗なホテルが点在していて、隠れた人気スポットのようです。

u322.jpg (55905 バイト) u323.jpg (40123 バイト) u324.jpg (45033 バイト) u325.jpg (44486 バイト) 私をドロミテの地に導いてくれた原動力のサッソ・ルンゴ(3181m)の奇峰。

u326.jpg (49996 バイト) u327.jpg (50838 バイト) u328.jpg (49091 バイト) u329.jpg (39989 バイト) u330.jpg (59618 バイト) セラ峠から降りてセルバからオルティセイを通り、A-22へ。ヨセミテ国立公園のような景色です。

記憶に残る道を降りて、イサルコ川沿いのA-22に辿り着き、ほんの15分ほど走ってブリクセン(ブレッサノーネ)のインターでおりて、なんとか明るいうちにホテル・グリュンナーバウムへ着きました。

u331.jpg (90220 バイト) u332.jpg (74010 バイト) ブリクセンのイサルコ川沿いにあるホテル・グリュンナーバウムに泊りました、増築が買収で建物内部の構造がややこしい。

さすがに疲れていたので、ホテルのブッフェスタイルのレストランで夕食をとりました。チロリアンバンドも入っていて、ワインを頂き、ローストビーフ・生ハムメロンなど腹いっぱいになり、さらにチョコレートフォンデューも食べてしまいました。

u333.jpg (57211 バイト) u334.jpg (76398 バイト) u335.jpg (58635 バイト) u337.jpg (55760 バイト) u336.jpg (48776 バイト) u338.jpg (53050 バイト) イタリア人のコックさんがサーブしてくれました。チロリアンバンド。スードチロルのワイン。

ドタンキューで、朝シャワーでした。

’06・11・14