初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

 

 

タイ・チェンマイ紀行・・2・・

2005年12月31日から2006年1月5日までのニューイヤーホリデーを使って、タイ王国の北部に位置するチェンマイを訪れてきました。歳のせいか、若かったころには、子供たちと北海道スキーに出かけていましたが、今は暖かさ・快適さを求めて赤道近くへばかりここ数年出かけています。バリ・ネパール・アンコールワットときて、今回は、チェンマイです。

2006年1月1日(日)、戌年の始まりです。今日からタイのチェンマイへ小旅行に行きます。ゆっくりと寝て、牛乳・紅茶・チーズ・クラッカー・果物で、昨日酷使した胃を休めてやって、15:20発のシルクエアーMI706便まで、ゆっくりしました。外は霧雨で、しっとりとした空気が流れて、音も吸収されて、何かとても体にもよくて、ゆったりした気分で新年を迎えることが出来ました。都心なのにこれですからガーデンシティーの名に恥じないもので、すんで見たいと思う町というのは、緑の多い町です。これにひきかえ我が福山ときたら、電線の埋設工事のため、やっと2・30年経った街路樹を切って、小さな若木を植えたりして、ほとほとイヤになります。軽く昼食をということで、荷物を車に積んで、オーチャードロードを南下して、ラッフルズホテルに向かいました。

c160.jpg (79922 バイト)  c161.jpg (58280 バイト)  c162.jpg (99798 バイト)  新年の飾り付けがなされたオーチャードロードを南下。両側には、ホテル・ショッピングセンターが立ち並んで、東京の銀座通りみたいなものです。

何回かシンガポールに来ていますが、前を通過しても入ったことはありませんでしたので、楽しみです。古いホテルで、コロニアル風の伝統ある建物で、スペース的にはゆったりと作られていて、自分的には、モダンな超高層ホテルなどより、好きです。躯体は保持して手を加え、綺麗に保つための経費もかけて、現代のニーズにも対応しているようで、私の医院もこの精神で、物を大切にという気持ちでこれからも進むつもりです。

c163.jpg (90270 バイト) c164.jpg (64583 バイト) c165.jpg (77396 バイト) グッドウッドパークホテルとならんで、コロニアル風のラッフルズホテル。ターバンを巻いたインド人のベルボーイ。ロビー。

c166.jpg (119879 バイト) c167.jpg (61274 バイト) c168.jpg (113920 バイト) c169.jpg (114010 バイト) c170.jpg (85475 バイト) c171.jpg (120600 バイト) 熱帯植物でパティオをとってあり、ゆったりした気分にさせてくれます。

c172.jpg (42919 バイト) c173.jpg (51766 バイト) c174.jpg (58408 バイト) c175.jpg (46211 バイト) 中華の昼食。

ラッフルズアーケードをみたり、軽食をとって時間を見計らって、イーストコーストパークウエイにのってチャンギ空港のPへ行きました。周囲の公団アパート群もぼつぼつ建て替えなのでしょうか?以前より品質の良さそうなデザイン性もよさそうなアパートが増えているようでした。また、チャンギには、第3ターミナルが建設中で、最新式の総2階建てのエアバスA-380に対応をしており、A-380の導入もシンガポールエアーラインが、世界初だそうです。日本は、あちこちと中途半端な空港を作って、ゼネコンを潤すことばかり考えているようで、世界・アジアとの競争を視野に入れないと、アジアのハブ空港とはなれないでしょうね。シルクエアーのチェックインをして、定刻にチェンマイへ向かって3時間弱のフライトです。

c176.jpg (43975 バイト) c177.jpg (48901 バイト) イーストコーストパークウエイの周りのアパート群も綺麗になっています。無料のハイウエーで、緑の並木が目に沁みます。

c178.jpg (92775 バイト) c179.jpg (69043 バイト) c180.jpg (52177 バイト) c181.jpg (49019 バイト) チャンギ空港で、シルクエアーのチェックイン。シルクエアーMI706便。機内風景。

雨期のシンガポール近くの雲をぬけてマレー半島を北上すると、雲もだんだんと疎らになって乾期地方の様相をみせます。タイ(シャム)湾に入り多分天然ガスの採掘井戸らしきも見え、タイの陸地へ進み、水田地帯と大河を見ながら相当時間飛んで、徐々に山岳地帯にはいり、一山か二山越えて高度をさげて、チェンマイ空港に着きました。着陸前、あちこちにタイ式の寺院が、派手な色ですので見えました。ここの入国の審査はだらだらしているようで、観光地チェンマイとしては三位一体の体制が整っているとはいえません、結構時間がかかりました。

c182.jpg (73166 バイト) チャンギを15:20に出発。左奥の建物が、エアバスA-380対応のターミナル3です。

c183.jpg (46837 バイト) c184.jpg (32115 バイト) 湿気を含んだシンガポールの雲からタイ湾の乾燥系の雲に変わってゆきます。

c185.jpg (11371 バイト) タイ湾の天然ガスの井戸でしょうか?輸送船らしきが見えました。

c186.jpg (39779 バイト) チャオプラヤ川流域の水田地帯を北上して、

c187.jpg (38436 バイト) 山岳地帯を越えて、

c188.jpg (67244 バイト) c189.jpg (93956 バイト) c190.jpg (43107 バイト) タイ北部のチェンマイ国際空港へ。オレンジ色のやねが、タイ式寺院。

ホテルに電話して、迎えを頼んでいましたので、ホテルまでその車で10分ほどでピン川のほとりのシェラトンホテルへついてチェックインしたのは6時過ぎになりました。部屋は、11階のピン川を見下ろすデラックススイートです。リビング・ベッドルーム・バストイレとありあまる広さです、ここまでの広さも持て余します。

c191.jpg (62009 バイト) c192.jpg (78325 バイト) c193.jpg (78912 バイト) c194.jpg (67465 バイト) 今日のホテルのチェンマイ・シェラトンです。

c195.jpg (37670 バイト) 右端のデラックススイートの1113号室でした。

c196.jpg (41913 バイト) c197.jpg (51135 バイト) c203.jpg (53887 バイト) c204.jpg (48104 バイト) ドアを開いて入ると、リビングルーム。

c199.jpg (42028 バイト) c202.jpg (61832 バイト) c200.jpg (70531 バイト) c201.jpg (62779 バイト) ベッドルーム、バストイレ洗面。

機内食を食べたのでおなかも減っていなかったので、夕暮れの中、ナイトバザールへ行って腹ごなしをしてホテルへ戻って、タイ料理をと予約をして出かけました。以前来た時と同じように、道路の両脇に露店が立ち並び、人がひしめき合っていました。アクセサリー・履物・衣服・時計・置物・土産からタイ式マッサージ・レストランと並んでいます。道には、ソンテウ・バイクタクシー・トゥクトゥクなどで大混雑して排気ガスを振りまいています。マスクでもないとやっていられません、参ります。

c205.jpg (92174 バイト) c206.jpg (57681 バイト) 街中を走り回っているトゥクトゥクとソンテウ。

c207.jpg (94338 バイト) c208.jpg (78130 バイト) c209.jpg (77520 バイト) c210.jpg (82450 バイト) c211.jpg (75971 バイト) c212.jpg (94274 バイト) c213.jpg (90906 バイト) c215.jpg (70442 バイト) ナイトバザールでは、いろんな露店が並んでいます。

c216.jpg (65741 バイト)  c217.jpg (70579 バイト) c218.jpg (49896 バイト) インペリアルメイピンホテルで、一休みして、シンガポールスリングを飲みました。

ひとあたりぶらついて、インペリアル・メイピンホテルで、(多分以前来たときに泊ったと思うのですが)、ワンドリンク飲んで、ホテルへ帰ってきて、予約していたタイレストランで、遅めの夕食をとりました。よくメニューの内容が分からないまま注文して食べました。口に合うものもありますが、チリの辛さやトムヤンクンのやや酸っぱい味は、苦手です。

c219.jpg (64116 バイト) c220.jpg (36180 バイト) シェラトンホテルへ帰って、タイ料理を食べました。ライトアップされたホテル前のピン川とホテルの前庭。

c221.jpg (53599 バイト) c222.jpg (54357 バイト) c223.jpg (60140 バイト) c224.jpg (53265 バイト) 香辛料は違うようですが、中華の影響があるようなタイ料理でした。

’06・2・2