初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

 

 

オーストリア紀行・・7・・

2005年8月13日(土)から21日(日)まで、ハプスブルグ家の王都600年の歴史の香りのするウィーンと南部のグラーツを中心に訪れてきました。1昨年、西のインスブルックは訪れていますので、14世紀から20世紀の第一次大戦まで中・東欧を支配下に置き、全ヨーロッパに影響を及ぼし、歴史に残る皇帝を輩出し、音楽・絵画その他の芸術・宗教的遺産の残るオーストリアの中核を訪ねてきました。

8・17(水)、昼過ぎまでシェーンブルン宮殿を見学して、Uバーンでリングへ戻り、これから美術史博物館の見学へ行きます。U-2の駅は、リングの外側で外リングにあり、キョロキョロしながらツインの巨大な建物を捜しましたらすぐみつかり、中心には、マリアテレジアのこれまた巨大な青銅像が鎮座しています。

u474.jpg (53473 バイト)  Uーバーンのフォルクステアターで降りると、外リングに、ミュージアムクオーターがみえます。

u477.jpg (65843 バイト) u476.jpg (92528 バイト) 自然史博物館。                       u475.jpg (60730 バイト) u478.jpg (83143 バイト) 美術史博物館(KHM)。この二つの博物館は、真ん中にあるマリアテレジア像を中心に対象的に双子の建物です。

u480.jpg (55349 バイト) 中心にこの巨大なマリアテレジアの青銅の像が立っています。      u479.jpg (72542 バイト) u481.jpg (69663 バイト) 今回は、時間の関係で、KHMのみ見学しました。では、中へどうぞ!

このKHMは、リングを挟んで王宮の向かいにあり、自然史と美術史の二つの博物館がマリアテレジア像を、中心に対称的に配置されており、1857年のウィーン新都市計画な時、城壁の撤去とともに建てられ、ハプスブルグ家の絵画・美術品のコレクションが展示されています。入り口を入るとホールがあり、天井までの吹き抜けがあり、正面階段を突き当りまで登り、折り返してもう一度、階段を登るという構造です。この様式は、ブリュッセルの王宮とも似通っています。ホールの両サイドには、古代エジプトやオリエントコレクションがあります。ここには、いろいろなカラーの大理石がふんだんに使われており、それを支える柱から天井のフレスコ画へと視線を導き、入場者を圧倒するものです。

u482.jpg (90029 バイト) u483.jpg (103067 バイト) 1Fホールから正面2F(踊り場)へ向かう階段。u489.jpg (107925 バイト) 踊り場の上のフレスコ画。u484.jpg (100085 バイト) 踊り場から180度回って3Fへ            u485.jpg (74584 バイト) u486.jpg (101006 バイト) 3Fから入り口ホールと天井。

u487.jpg (114237 バイト) u488.jpg (109585 バイト) 3F(展示階)から正面の登ってきた階段。いよいよ展示室です。

u490.jpg (47602 バイト) u491.jpg (40090 バイト) u492.jpg (38756 バイト) u496.jpg (36103 バイト) ブリューゲルの作品です。

u493.jpg (37801 バイト) フェルメールの作品です。

u494.jpg (43848 バイト) ホルバインの作品です。

u495.jpg (40559 バイト) 右は、デューラーのマクシミリアン1世。

u497.jpg (39822 バイト) ウェイデンの三連祭壇画。

u508.jpg (46078 バイト) ラファエロの草原の聖母子。

u501.jpg (50708 バイト) u502.jpg (38924 バイト) コレッジオの作品。

u499.jpg (46447 バイト) u500.jpg (31966 バイト) ヴェラスケスの青と白のドレスのマルガリータ王女。などですが、異例外にも美術書で見たことのある絵が沢山ありました、グロテスクな絵もありました。

続いて、エジプト関係の展示です。

u503.jpg (76859 バイト) u507.jpg (53845 バイト) u505.jpg (70218 バイト) u504.jpg (43105 バイト) u506.jpg (54314 バイト) 

u509.jpg (91874 バイト) 館内のカフェ。u510.jpg (96946 バイト) 吹き抜けの天井。

これからリングの内側を横断するように、ホーフブルグ(王宮)・コールマルクト・グラーベン通り・シュテファンプラッツを越えて、ラディソンSASホテルへ帰り、一休みして夕食の予定です。

’05・10・12