初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

 

 

大漁の備讃瀬戸

2005年9月18日(日)、朝3時に起きて、瀬戸大橋周辺の備讃瀬戸へ小物狙いということで、おじさん三人とひとりの若衆とで、いつもの船頭さんと行って来ました。朝起きたころには中秋の名月が西の空におぼろげに見えました。船頭さんが、潮の良い間に少しスズキをやってみようということで、南の備讃瀬戸大橋の方まで一気に走り、エビの餌で釣り始めました。

u156.jpg (43935 バイト) u157.jpg (46780 バイト) u158.jpg (53746 バイト) 釣り場の三つ子島。

船頭さんが、底を取るか取らないかのうちに、竿をひん曲げる当たりで格闘しはじめました。しばらくやり取りして上がってきたのは、50センチの真鯛のオスでした。予想外の獲物にみんな一気に活性があがりましたが、次の当たりも船頭さんで45センチのメスの真鯛です。アイシャドウと体表の桜色にちりばめられたコバルト色?の宝石とでも言うように美しい魚体です、浮き袋の空気を抜いてやってイケマに泳がせます。それからお客さんには釣れだして、私がトップで、30から35くらいの真鯛を釣ってからみんなに均等に釣れてくれてめでたしめでたしでした。

u162.jpg (82676 バイト) 綺麗な真鯛、35センチ。

当たりが遠のき場所変えをした途端に若人にいきなりの当たりで、60センチ1・4kgのスズキをゲット。続いて船頭さん・K氏と釣れて、私とO氏はカヤの外で、残念でなりません。潮時も変わり終了、日も照ってきて、暑くなり釣果も良いので早々と鯛の刺身と煮付けとかに・蜆の味噌汁・たこ飯・漬物の昼飯を食べて引き揚げてきました。瀬戸内海も大したものだと感心しました。釣りは、まだまだ奥が深いと実感しました。

u159.jpg (69408 バイト) 鯛の刺身とたこ飯。あと煮付けとカニの味噌汁と漬物。

u160.jpg (72600 バイト) u161.jpg (66277 バイト) 3匹ともほぼ同サイズの60センチ1・4kgのスズキ。50・45センチの真鯛と30から35センチの真鯛4匹とい匹食べました。

’05・9・21