初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

  シーズン終盤の渓流釣り 

9月15/16日の連休は、大山登山と境港の釣りと皆生温泉と欲張りな計画をしてましたが、雨で中止しました。15日朝、曇りで、霧雨程度だったので、近所の浦崎へハゼ釣りにでもとでかけました。岸から渓流竿で、さぐり釣りをしました。時折、雨は降るしで苦戦しました。降れば、民家の軒先で雨宿りというようなつりでしたが、なんとか良い型のハゼが、35位釣れ、2時間半ほどでひきあげて、きました。から揚げにして食べましたが、結構いけます。夕方から晴れてきたので、明日は、日野川へ渓流つりに行こうと準備をしてねました。朝、福山は、快晴でよしよしと思って出かけましたが、道後山近くなると、霧雨から小雨状態でこの連休は、雨になやまされます。途中、東城川は、大水で、日野川もどうなるものやらと行ってみましたら、やっぱり、かなり増水しており、本流へ入ってみましたが、流れが強くてやばい感じでしたので、少し、フライを投げて見ましたが、反応なく、あきらめ支流へ入り餌釣りに変更して護岸をあるいてますと、僕の大の苦手のへびさんがおります。黒いカラスへびのようです。シーシーと威嚇しても、なかなかにげてくれません、やっと退散ねがってさらに進むと今度は、まだら模様の三角頭のまむし君が、叢の端にいます。こいつは、すぐ、臨戦体制に入りこちらをおどします。草きれをなげても、ひるまず鎌首をもたげてこちらを攻撃してきます、竿でちょっかいをすると、またまた、攻撃してきます、今度は、竿の根元の太い方で突付くといよいよ怒って2回もこうげきしてきます。そのうち、こちらの仕掛けが、からまり治している内にどこかへいってくれました。1日に2匹もみると、あと何匹いるのかと不安になります。大体、へびを見た日の釣果は、いつもよくないので、アーアという気分でしたが、気分一新と、ほかへ移り、今シーズン殆どこなっかた支流へはいりました。増水して、やや濁り気味でしたが、ポイントと思われる所には、ことごとく魚がいました。2時間弱の間に20~25センチくらいのイワナ8匹と1匹のきれいな幅広ヤマメがでてくれました。1匹は、針を飲み込まれましたので、糸をきってリリースしてやりました。小雨に降られましたが、大変、よい気分で、川に感謝しつつ、かえりました。渓流釣り師の皆さん、魚は、完全リリースして、次回のたのしみをのこしましょうね。魚の一部みてください。

50.jpg (371415 バイト) 今回一番の大物、イワナ

51.jpg (344978 バイト) 体高のあるタイプ、イワナ

52.jpg (305944 バイト) 体高の低いタイプ、イワナ

53.jpg (316016 バイト) 唯一のヤマメ

54.jpg (298101 バイト) 体高の中間タイプ、イワナ

                 ’01・9・19