初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

 

長年の夢・瓶ヶ森ツーリング

7月17・18日を利用して、以前よりチャンスを見つけて行ってみたいと思ってた石鎚山系の瓶ヶ森林道バイクツーリングに、出かけてきました。山ですので、天候によって印象が左右されますので、晴れることを祈って出かけました。予報では、梅雨前線が、やや南下?とかで、微妙な様子でしたが、決心して、土曜の診察が終わって、お下がりの愛車マジェスティーで、2:20ごろ福山を出発しました。2号線を車の流れに乗って、排気ガスとアスファルトの炎熱の中を、30分ほどで、尾道に着き、旧尾道大橋を、10円で渡り、向島の地道を走り立花に出て、海岸で一休み、海の向こうに、四国の山並みが、見えます。なんとなく街の雑踏から逃れてほっとした気分になります。

ho1017.jpg (164592 バイト) ho1018.jpg (169197 バイト) 尾道の町を抜け、向島の立花海岸、遠くに四国の山並み。

カーブの続く橋への取り付け道を、登って、布刈瀬戸を跨ぐ因島大橋をわたり、因島を、トンネル経由で最短距離で抜けます。どこもここも素晴らしい景色が広がっています、改めて感心しました。西岸に出るとすぐ、斜張橋の生口島橋が見え、取り付け道をのぼり、橋を越えます。もう、生口島です。こちらも南岸をとおり、スイスイと、岩城島などを横目に走り、レモン谷着。多々羅大橋の取り付け道をのぼり、巨大な橋をビーンとあっという間に渡りきり、大三島到着です。上浦の道の駅で、海を眺めつつ、ストロベリーのかき氷を食べて、一休み。

ho1019.jpg (160233 バイト) 因島から八重小島と因島大橋・向島。              ho1020.jpg (171222 バイト) ho1021.jpg (210438 バイト) ho1022.jpg (183512 バイト) 生口島橋。生口島南岸。  ho1023.jpg (170608 バイト) ho1024.jpg (175907 バイト) ho1042.jpg (169891 バイト) 美しい姿の斜張橋・多々羅大橋。生口島のレモン谷。大三島・上浦の道の駅からの多々羅大橋と生口島。

もう、伯方島を越えれば今日の宿の大島・宮窪は目の前です。目を凝らすと、遠くに石鎚山の特徴ある山容を見ることが出来ます、すこし、てっぺんは雲がかかってきているようです。再出発して、大三島東岸を南下して、鼻栗瀬戸を跨ぐ、伯方島橋をわたり、伯方島の伯方島ビーチを見て、大島橋の中間にある見付島に下りてみました。ここがまた素晴らしいところで、藤棚があり、水道やかまどがあり、トイレありで、いたれりつくせりのキャンプ・バーベキュー場です、ただし、歩行者・自転車・原付しか行けません。アーそれと船で行けます。大島へ渡り、能島を横目に、宮窪・浜一に5:00ごろつきました。

ho1026.jpg (207342 バイト) ho1027.jpg (196384 バイト) 伯方島橋。伯方ビーチと大島橋。

ho1029.jpg (182372 バイト) ho1028.jpg (157001 バイト) 大島橋の途中から見付島への降り口。見付島の穴場キャンプ場(車は降りられません)。

今夜の宿でシャワーを浴びて、夕陽で有名な来島海峡の展望台の亀老山を大島の東岸周りで目指しました。日没は、7:19だそうです。ゆっくり走っていけそうです。18日には、水軍まつりが宮窪で行われるようです。友浦に出ると海が一段と綺麗になり、瀬戸内特有の花崗岩由来の独特の色の砂浜が、次々とあれわれ、海をへだてて今治・西条の町並みがすぐ目の前に見え、その後ろには、明日行く四国・石鎚連峰の山がほぼ見えます。主峰のてっぺんのみ雲で覆われています。あすは、晴れ上がってくれるよう願います。海岸の山道というかワインディングをぬけて、南浦・名駒をすぎて、峠をくだると、夕陽の中に、来島海峡大橋のシルエットが浮かんできます。

ho1030.jpg (148355 バイト) 宮窪港のタコの干物。

ho1043.jpg (168024 バイト) ho1031.jpg (149451 バイト) ho1032.jpg (190094 バイト) 大島南岸、別世界ののどかさの友浦・南浦。下田水からの来島海峡大橋。

下田水を右折して、亀老山へ山道を気持ちよくローリングして、ぐんぐん高度をあげ山頂駐車場へ到着。遠来のナンバーの車も来ています。展望台からは、眼下に来島海峡・巨大橋・船舶・今治・西条・新居浜・みしま・川之江・四阪島・魚島・高井神島・しまなみ海道の島々と芸予諸島の大崎上・下島・さらに野呂山・斎島・松山沖の島々と360度のパノラマが思いのままです。カメラを持った人も静かに、目でこのパノラマを心に焼き付けているようでした。

ho1037.jpg (185299 バイト)ho1036.jpg (151462 バイト)ho1035.jpg (135609 バイト)ho1034.jpg (145113 バイト) 亀老山よりの展望。左から魚島・四阪島・比岐島・平市島、川之江・新居浜・西条・今治、笹ヶ峰・寒風山・瓶が森・石鎚山。

ho1038.jpg (336405 バイト) ho1039.jpg (457635 バイト) ho1040.jpg (149590 バイト) 夕暮れの来島橋。展望台のカメラマンやカップル。

日没後、今日は、ライトアップ予定だそうですが、夕食もあるので、ライトアップは、見ずに降りてきました。早めに、出発する予定ですので、夕食後、すぐ寝ました。

18日、朝早く、6:00に宿をたちました。今日の行程は、かなりのものですので。大島を、最短で横切り、来島海峡大橋の取り付きの下田水につき、ぐるぐるまわって巨大橋に上がり、いっきに今治に着き、西条・11号線方面を目指します、朝飯をと思ってもまだあいていません。やっと見つけたのが吉野家です、がまんして食べました。小松の11号線に向かう途中、中山川の川原で、サギの営巣地を見ました、カメラ好きもいました。

ho1044.jpg (206497 バイト) ho1045.jpg (188258 バイト) ho1046.jpg (322926 バイト) 6:00 民宿”浜一”を出発。来島橋を渡り、今治を抜け、中山川の川原にサギの営巣地を、見つけた。

11号線で西条の加茂川を目指し途中で、ガスを入れ、食料と飲み物をコンビニで仕入れ、加茂川の交差点を右折して194号に入り、川沿いに寒風山トンネルを目指して、快適なツーリングです、暑くないし最高です。やがて、新トンネルの手前で、旧トンネルへの道へターンをきり、細いワインディングロードへ入ってゆきます。久し振りでしたので、まるで反対方向に道が走るので、ひょっとして間違ったかなと不安になりましたが、なんとなく思い出して、記憶を蘇らせ、自信を持って進みます。右へ左へとバイクをリーンさせて高度を稼ぎますが、地図上では、殆ど進んでいません。いい気分でのぼっていくと、ついに行く手に旧寒風山トンネルの口がぽっかりと、あまりに小さく・暗いのには、おどろかされます、新トンネルは、明るく大きいです。中へ入ると、明かりはないし、心細く余計にトンネル内の冷気を感じます。やっと、さきに丸い穴が見えてきます、水平ではないので、入り口付近からは、出口の穴が見えないというわけです。トンネルを出ると、そこは、高知県本川村です。

ho1047.jpg (291673 バイト) ho1048.jpg (209357 バイト) ho1049.jpg (221744 バイト) 加茂川沿いに194号を寒風山に向けて。旧道の分岐点。

ho1050.jpg (352499 バイト) ho1054.jpg (221057 バイト) ho1051.jpg (277318 バイト) ho1052.jpg (54992 バイト) ho1053.jpg (276188 バイト) 旧道を走って、旧寒風山トンネル入り口。やっと、出口の光が見えた、中は、とても涼しい。出口は、高知県。

ここからが、西へ石鎚連峰の稜線近くを走る瓶ヶ森林道で、石鎚山の登山基地の土小屋まで続きます。また、寒風山への登山路の出発点でもあります。空は、生憎稜線付近は、ガスが、すごいスピードで流れており、展望は厳しそうです。丁度、稜線付近だけガスり、少し下がると展望は効きます、残念です。早速、バイクを林道に乗り入れます。以前、土小屋から瓶ヶ森まで歩いた時には、砂利道だったと思うのですが、舗装されていて、快適ですが、林道ツーリングというイメージや感じはしません。伊予富士・東黒森・自念子の頭・西黒森の各峰をかすめて、瓶ヶ森に着きました。途中で停まって、ガードレールの下を見ますと、足もすくむような急斜面です、さすがに、中国地方の山々と違って、四国の山は、急峻です。稜線付近は、熊笹とヒノキかもみの木とその白骨木のコントラストが美しくこのあたりの特徴です。笹原に座って、パンと紅茶とで一休みしていて、パンの包装が、風船のようにパンパンに膨らんでいます。今朝、西条の11号線沿いのコンビニで買ったものですが、気圧の差でこのような現象が起きたのでしょう。まさに、航空性中耳炎と同じ現象です、妙に感心しました。

ho1055.jpg (298159 バイト) ho1056.jpg (217437 バイト) ho1057.jpg (171511 バイト) ho1059.jpg (336627 バイト) 岩肌が露出したトンネルを抜け、進むと、伊予富士登山口。

ho1057.jpg (171511 バイト) hi1060.jpg (535945 バイト) ho1062.jpg (532506 バイト) ho1061.jpg (554442 バイト) 稜線にあらわれる伊予富士・自念子の頭・東黒森・自念子の頭の各峰。

ho1063.jpg (275670 バイト) 膨れたアンパンの袋。ヤマサキ製パンは気密性が高い。

ho1064.jpg (140779 バイト) ho1065.jpg (148074 バイト) ho1066.jpg (178235 バイト) ho1068.jpg (169110 バイト) ho1067.jpg (215237 バイト) 石鎚主峰はガスの中。瓶ヶ森と子持ち権現。熊笹の野原。山腹をぬって走ってきた林道が、見える。

ho1069.jpg (226298 バイト) ho1070.jpg (311964 バイト) ho1071.jpg (268146 バイト) ho1072.jpg (221698 バイト) 林道脇の草花。オレンジ色は、鬼百合。

瓶ヶ森の頂上に登りたかったのですが、このガスですので、無意味と判断して山容に特徴のある子持ち権現の岩峰の横を下って、シラサ峠・よさこい峠をぬけて、終点の土小屋駐車場へ着きました。ここも綺麗に整備され、昔の面影はありません。石鎚神社もリニューアルされているようでした、少しだけ賽銭を入れて手を合わせておきました。ほんの一瞬、石鎚のてっぺんのアルペン的な岩肌を見ることが出来たので、納得。

ho1073.jpg (175562 バイト) ho1074.jpg (182597 バイト) ho1076.jpg (415038 バイト) 頂上が見えない瓶ヶ森。遠くに瀬戸内海。一瞬顔を覗かせた石鎚山。

ho1077.jpg (215892 バイト) 印象的な子持ち権現と林道。

ho1078.jpg (250320 バイト) ho1079.jpg (182581 バイト) 石鎚スカイラインの終点、土小屋。

よさこい峠までひきかえして、吉野川源流の長沢ダム・白猪谷方面へ道をとり、木々の緑のトンネルを左右へヒラリヒラリと気持ちよくコーナーを抜けて、高度をさげて、寺川・越裏門をこえて、長沢ダムへ着きました。吉野川の源流近くの渓流は、ぼくにとっては、魅力的で、樹間から見える渓流は、垂涎ものですが、道路から川までの高度差も大きく、急峻で危険です。降りれそうな所では、川で遊んでたりと、竿を出せません。やっと、竿を出してルアーを、キャスト、何投目かに、小型がヒットしましたが、残念ながらばれてしまい、一巻の終わり。

 

ho1080.jpg (178528 バイト) ho1081.jpg (315647 バイト) ho1082.jpg (262414 バイト) よさこい峠から長沢方面へ緑のトンネルを抜け、吉野川源流域の渓へ。

諦めて、194号線にもどり、谷間の快走路を、北上し、中野川川のフライフィッシングエリアを過ぎて、新寒風山トンネルを抜けて、高知から愛媛へ抜けます。今朝、通った旧トンネルが、1kmほどで、新トンネルは5kmほどで、大きく、明かりもあります。ところが、良い事ばかりではありません、途中の避難所に白バイがひそんで、獲物を狙っていますので、ご参考に。そこからは、加茂川沿いに西条・11号を目指しますが、川遊びの人が、目立ちます、水が、福山の芦田川と比べようもないくらい綺麗ですので、うらやましいことです。福山の大田市議も公約どうり、芦田川を、昔のようにきれいにして、川遊びが出来るようにしてくださいよ!抜け道で丹生川に出て、石鎚山をふりかえると、かなり、ガスも飛んで、朝よりは、良くなっているようです、普段の行いのせいでしょうか?山の上は涼しくて最高ですが、平地では、バイクは炎熱地獄です。

ho1083.jpg (237344 バイト) ho1084.jpg (251921 バイト) ho1085.jpg (266076 バイト) 越裏門で丁度、氷室まつりをしていた。永沢ダムを過ぎて、194号線へ出て、フライフィッシングの中野川川とか木の香温泉をすぎ、新トンネルへ。

上を脱いで、シャツ1枚にすると、ずいぶん涼しく快適になり、今治市内を抜け、しまなみの素晴らしい景色の中、今日走ってきた四国の山々をちらちら見ながら、尾道経由で福山へ5:30ころ無事帰着しました。

ho1086.jpg (200188 バイト) ho1087.jpg (174984 バイト) ho1088.jpg (203890 バイト) 来島海峡の渦潮ととおくに晴れた石鎚の山々。因島大橋、海水浴の人も引揚げ。

計400kmあまりを、走ってきました。また、秋にでも、澄んだ空気の中ツーリングに出かけたいと思っています。

’04・7・23