初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

夏休みスイスツアー報告・・・その4

その4は、旅行5日目です。きょうは、スイス中央部にある数々の峠道のドライブです。ルガーノからハイウェイで1昨日来た道をアイロロまで北上し、ゴッタルト峠をこえて、アンデルマットまで行ってフルカ峠越えを予定していましたが、ゴッタルト峠頂上から走り出すとホイールのディスクあたりから砂か小石をかんだようないやな音が盛大に鳴り、まわりのドライバーも見るような状態になり、直進ではあまりきこえないが、ステアーをきると派手に音がします。でも、どうしようもないのでゆるゆるとアンデルマットの町までおりて、すったもんだをしてアウディーに連絡がとれ1時間もしないうちに女性と整備士の男性がきてくれ症状を話したら車に試乗して工場へ?もっていってくれました。大変、神経をつかい、ストレスにもなりましたが、ほっとして、治るまでに昼をたべておこうということになり食べている間に車も帰ってきて、異音もとれていました。修理費をはらって、ほっとしてフルカ峠をめざしました。かなり車も多く、狭い道を結構なスピードで現地人はとばして行きます気をつかいました。ヴェルヴェデーレでローヌ氷河の横をとうりグレチュへおりて、夏期限定運転の蒸気機関車をみて、いよいよグリムゼル峠へのぼりました。ハスリ谷からベルナール・オーバーラントの山々が間近にみえます。ハスリ谷の岩は、表面が滑らかなのが特徴です、やや緑がかっています。アーレシュルフトをとうり、マイリンゲン・ブリエンツへおりて、ブリエンツ・ロートホルン鉄道のかわいい蒸気機関車をみて、またまた、ハイカロリーのアイスを食べて、湖の北岸をとおりインターラーケン・今日のお宿5つ星・ヴォー・リバージュにチェックインしました。今日は、車のトラブルで精神的につかれました。夕方、町を散歩していましたらここは、ジャパニーズがあふれていますし、コリアンの若い人がとてもめだちました。ヘーエマッテ広場から明日行く予定のユングフラウのてっぺんが、シーニッゲ・プラッテなどの前山の間から夕日にはえて白くひかってみえていました。夕食は、チーズ・フォン・デューをいただきましたが、いままでで、最もアルコール臭の強いもので、あまり、口にあいませんでした。写真の一部です、みてください。明日も期待してください。

rugano1.jpg (242425 バイト)ルガーノでのホテル・スプレンディードロイヤル

ragano2.jpg (229172 バイト) サン・ゴッタルトパスにて、この後、ホイールより異音が、出て神経をつかいました。

rugano3.jpg (280089 バイト) rugano4.jpg (276031 バイト) rugano5.jpg (253679 バイト) 車の修理を待ちながらオーロラ・レストランで昼めし、サイクリング野郎達、アンデルマットにて。

rugano6.jpg (227608 バイト) アンデルマットからフルカ峠へ 東方向、谷底はるか彼方が、アンデルマット。東西南北交通の要。

rugano7.jpg (255973 バイト) rugano8.jpg (409089 バイト) フルカ峠より西方向、ベルナール・オーバーラントの山々とグリムゼル峠の登り道が見える。この右横にローヌ川の源流・ローヌ氷河があり、谷底がグレッチュ。

rugano9.jpg (249402 バイト) ローヌ川(地中海へ流れる)源流、ローヌ氷河。すぐ右横にヴェルヴェデーレの展望台。

rugano10.jpg (350475 バイト) 旧フルカトンネルを夏だけ走るFOバーンの蒸気機関車。

rugano11.jpg (263481 バイト) グリムゼル峠の頂上から北方面、ハスリ谷。ここの水は、ライン川となり北海へ。

rugano12.jpg (281215 バイト) rugano13.jpg (247499 バイト) 峠からおりて、オルゴール・木彫で有名な湖畔の町、ブリエンツ。湖船とブリエンツ・ロートホルンバーンの蒸気機関車。

rugano14.jpg (263768 バイト) 今日のお宿、ヴォー・リヴァージュホテル,5つ星。インターラーケンオスト駅に近くそれなりに便利。

rugano15.jpg (240328 バイト) rugano16.jpg (227980 バイト) インターラーケンの町からユングフラウが、南にみえる。道端のセントバーナード

                                      '01/9/20