初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

フライ釣り&餌釣り

 7月14・15日、渓流へいってきました。先週8日、帰り道に思いどうりの所で、2匹つづけてでたので、14日(土)診察が終わって、やなぎの下の2匹目をねらってでかけました。よいことは、続かないもので、真新しい靴跡があり、15センチほどの小やまめがでてくれただけでした。そこで別の支流へはいりました。やはり15センチくらいのやまめがでただけでした。大岩の前の絶好の場所で、目測25センチ位の多分やまめが、フライにでてきましたが、うまくくわえず、手ごたえを感じませんでしたので、少し間を、おいて、キャストしましたら、またでてきたのですが、魚が、へたくそで、また、くわえそこね、こんどはと思い、フライをチェンジして、キャストまたもでてくるも、魚が、くわえそこね、これを、4~5回繰り返すとさすがに、フライに、反応しなくなり、7時半になり、まわりもうすぐらくなったので、あきらめてかえりました。帰り道、稲妻が、相当ひかってました。

ajisai.jpg (115447 バイト) satoyama.jpg (217374 バイト) koyamame1.jpg (304447 バイト)koyamame2.jpg (275932 バイト)

15日【日)昨日の消化不良の釣りが、心に残ってましたので、今日は、恥じも外聞も捨て、餌釣りで、出かけることにして、バイオちゃんを買ってゆきました。川へ入るころは、すこし、雷がなっている程度で、気にもしてませんでしたが、・・・川も、くもの巣がはって、先行者はないようで、思うところから、20~25センチ位のイワナがでてきて、また、不思議なことに、普通下流が、やまめ、上流が、イワナとおもっていましたが、遡行すると、やまめが、でて、おかしいなと思いましたが、釣れてるし、まあまあと、つりつづけました。でも、またつれるのは、やまめです。しかも、20~25センチ位のものばかりでした。写真をとって川にかえして、また、遊んでもらおうとおもってます、皆さんも、川の小さな魚を食べなくても、大きな美味しい海のさかなをたべましょう。川の魚はノーキルであそびましょう、次の楽しみのために。ところが、にわか雨が、じゃんじゃんと降り出し、木の陰に隠れても無駄で上から下までびしょぬれになりました。でも、消化不良を直すに充分な1日を、すごせました。やはり、餌釣りはつれるのかな・・・それとも、気象条件なのかなと次なる疑問を、持ってかえってきました。川は、日野川です。

写真を、みてください。 

iwana1.jpg (335956 バイト) yamame1.jpg (340489 バイト) yamame2.jpg (284937 バイト)

’01・7・18