初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

2003年高梁川解禁

先週に続いて、新見漁協の高梁川の解禁が,3月16日ですので、出かけてみました。同日、福山の芦田川で、バス釣り大会があり、長男は、そちらへ行き、1・4キロを1本で10位で、ルアーとかの賞品を、貰ってきていました。さて、私は、毎年、10時ごろニジマスの放流とおもっていたので、ゆっくりと家を出て、9:30ごろ着きましたが、もう、ほかの釣り人は、竿を曲げているようですし、いつも僕が、入る所へは、人が誰もいません。少々、あせりました。人の集まっている所の釣り人に聞くと、8:30ころ放流したそうで、もう、あたりが遠のいたそうです。今年は失敗でした。でも、いまさら、この場所でルアーを投げるのも腹立たしいし、誰も釣っていない私の定番の場所・江道橋の上流のプールへ釣れても釣れなくてもいいやという気持ちで、入ることにしました。前の釣り人に江道橋に放流したのか聞いてみましたが、知らないとのことでした、でも、放流地点には、必ずや何人かの釣り人がいるものですが、0人です。不安ですが、ひょっとして、去年のニジマスかアマゴが残っていれば、野生化して1匹でも、釣れれば、放流物より、だいぶ価値があると思い、釣れなくてもともとと思い、オレンジ・金カラーのミノーをキャストしてみました。このミノーが渓流では、良いと、長男が薦めてくれたもので、水の中でクネクネとよく動き、なかなか魅力的で、視認性もよろしい。曇りないし小雨ですので、正解のカラーチョイスでしょう。晴れなら、黒系かナチュラルカラーの選択でしょうが。予想に反して、数投のサイドのキャストで30センチあまりのニジマスがヒットし、ネットランディングしました、あまりファイトはありません。やややせています。バーブレスフックを外して、バケツにキープ、その後もさかんに、ルアーをチェイスし、11バイトあり8匹が取れました。サイズは17・8センチから30オーバーです、コンディションは普通でした。釣りビジョンのビッグゲームのトゥィッチをまねて釣りました。誰もいない所で、1時間30分ほど、ロシア・コッピ川でシーマを釣っていると想像して、大いに愉しみました。いつかは、コッピ川のシーマ・タイメン釣りに行くぞ!そして、タラバを喰うぞ!バーブレスのせいかどうかはわかりませんが、近くまで寄せてからバレることが、ままありました。雨も本格的に降り出したし、多分、釣り尽くしたのでしょう魚信がなくなり、12時前にやめて、釣った8匹をブクブクで生かして、レガシーは、活魚輸送車となり、マイリバー・マイポイントへ運んで、リリースしました。これからのシーズンのたのしみがふえます。

ho107.jpg (281936 バイト)  本日の釣果。ニジマス8匹。

ho108.jpg (327999 バイト) ho109.jpg (294661 バイト) ho110.jpg (420304 バイト) ho111.jpg (332851 バイト) ho112.jpg (345778 バイト) ho114.jpg (306650 バイト) ho115.jpg (336418 バイト) ho114.jpg (306650 バイト) どれも養魚場育ちのような顔つきの魚ばかりで、自然の環境でいきのびてくれるなか?

ho116.jpg (432522 バイト) 今回、曇天・小雨で活躍のオレンジ・金カラーのフローティングミノー

’03・3・18