初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

ネパール紀行・・8・・

1月2日、晴れ。今日は、バスの待っているミランチョークまで下り、ポカラに戻り、ベース・キャンプ・リゾートへ荷物をおいて、市内を歩く予定です。

日の出を、見せようと、ガイドのMさんが、声を掛けてくれましたが、カーテンをあけてたので、隙間から山を見ながら、布団のなかで、ごそごそして、歯磨き・洗顔・と用をたして、カメラをもって、母屋の前に行き、朝日の中のアンナプルナ山群を拝ませてもらいました。ほとんど雲のない快晴です。太陽がだんだんと上がり、表情がダイナミックに変化して行く様を、見ることが出来ました。

ne400.jpg (635866 バイト) ne401.jpg (649410 バイト) ne402.jpg (864703 バイト) 朝焼けのアンナプルナ山群。マチャプチャレ(6993m)。アンナプルナ2/4峰。アンナプルナ3峰。真中の写真の谷に霧が流れている。

ne403.jpg (270532 バイト) ne404.jpg (922447 バイト) ne405.jpg (806607 バイト) ne406.jpg (801034 バイト) ne407.jpg (282500 バイト) ne408.jpg (837929 バイト) ne409.jpg (266361 バイト) ne410.jpg (281870 バイト) ne411.jpg (268348 バイト) 太陽が上がり、光の加減で山肌にアクセントが出て、とても美しい。はなのいえの周りを、散策。

はなのいえの周りを、ぶらついているうちに朝食の準備ができ、焼きおにぎり・味噌スープ・漬物・卵焼きと食後のコーヒーをたべ、今日のトレッキングの荷物をまとめ、みんなでここのスタッフと一緒に記念撮影をして、9:30過ぎにミランチョークへむけて出発しました。

ne412.jpg (272570 バイト) 朝食。焼きおにぎり・野菜炒め・卵焼き・味噌汁・漬物。

ne413.jpg (282960 バイト) ne414.jpg (282371 バイト) ne415.jpg (248483 バイト) ne416.jpg (273622 バイト)   ne419.jpg (261961 バイト) ne418.jpg (265404 バイト) 朝食を終え、出発前記念撮影、はなのいえのスタッフ・ガイド・ツアー客勢揃い。谷を隔てて見える村が印象的でした。

ゆるい下り道で、空は晴れ、透き通った空気の向こうには、雪を被った山々と山腹に広がる段々畑を見ながら歩けば、自然と顔も気持ちもほころんできます、ストレスなどという言葉とは、無縁の世界で心洗われるようです。これが、非日常のもっとも良いところと思います。みなさんも、思い切って、是非、非日常を試して見られたらと思います。約2時間ばかり歩くと、セティー・ガンダキ川の水面が、キラキラと足元に見え、すぐにミランチョークの村に着き、後ろ髪を引かれるような気持ちで、迎えのバスに乗り、セティー・ガンダキ川に沿って、下流のポカラへ向かいました。道中の周りの景色から、また、現実の世界へ引き戻されます。

ne420.jpg (231881 バイト) ne421.jpg (255402 バイト) ne422.jpg (303920 バイト) ne423.jpg (280876 バイト) はなのいえのスタッフの見送りを受け、快晴の中、段々畑や白い峰峰の自然の中を気持ちよく歩く。

ne424.jpg (239418 バイト) ne425.jpg (245216 バイト) ne426.jpg (267204 バイト) ne427.jpg (256133 バイト) ne428.jpg (237111 バイト) ne429.jpg (255344 バイト) ne430.jpg (293982 バイト) やがて、セティーガンダキ川の水面が見えて、ミランチョークへ着きました。

ne431.jpg (326832 バイト) ne432.jpg (270068 バイト) ne434.jpg (249474 バイト) ミランチョークの様子。水浴びする女性。バス乗り場と雑貨屋。同所からのマチャプチャレ。

ne435.jpg (153402 バイト) ne436.jpg (186294 バイト) バスに揺られて、ポカラの町へ。

雑然とした下界のポカラの町に戻り、(でも、ここは、カトマンズと比べると、ずっとましですが、)今日のお宿のベースキャンプ・リゾートへチェックインし、遅めの昼を食べました。

ne440.jpg (301539 バイト) ne441.jpg (297152 バイト) ne442.jpg (320973 バイト) ne443.jpg (211426 バイト) ne444.jpg (296254 バイト) ne445.jpg (218053 バイト) ne446.jpg (185314 バイト) ポカラのベースキャンプレソート。

シャワーを浴び、ペワ湖のレークサイドというホテル・レストラン・お土産やのある通りを、ぶらついてみることにしました。道に沿って歩くと、新年を祝う横断幕があったり、レンタル・バイク屋や各国料理レストラン・各ランクのホテル・曼荼羅絵画の店・チベット仏像・化石・アクセサリー・楽器などなどを売る店・ジュースの露店・本屋・CD屋・インターネット屋(日本語用もあります。)となんでもありです。日本の軽井沢といったような感じの町なのでしょう。

ne448.jpg (330907 バイト) ne449.jpg (260345 バイト) ne450.jpg (305553 バイト) ne451.jpg (281250 バイト) ne452.jpg (337446 バイト) ne453.jpg (251658 バイト) ne454.jpg (305871 バイト) ne455.jpg (270951 バイト) ポカラのレークサイドという地域で土産物屋・レストラン・ホテルなどあります。

暫く歩くと、ペワ湖のなかに浮かぶバラヒ寺院へ行く渡し舟の船着場があり、客引きの声につられて、20ルピアを払ってのってみました。インド系の顔立ちの比と一緒に渡してもらい、バラヒ寺院にまいり、島をひと回りして、ポカラの町を前景に、サランコットの丘とアンナプルナの山々を眺めました。よく、ポカラの旅行パンフにある、あの景色です、西の方には、はるかダウラギリの白い峰や今まで見えなかった、アンナプルナ1峰や象の形にたとえられるアンナプルナ3峰もみえます。やはり、街中からこれだけの山が見えるのですから素晴らしいところです。

ne457.jpg (270008 バイト) ne458.jpg (253681 バイト) ne459.jpg (243994 バイト) ne460.jpg (277976 バイト) 船に乗って、沖合いの島にある、バラヒ寺院を訪れる。往復20ルピア。

ne461.jpg (348057 バイト) ne462.jpg (313441 バイト) ペワ湖の中の小島に建つ、バラヒ寺院。

ne466.jpg (224713 バイト) ne465.jpg (252627 バイト) ne464.jpg (244646 バイト) ne463.jpg (227558 バイト) 小島から見たポカラとアンナプルナ山群。左から遠くに、ダウラギリ、アンナプルナサウス、ア1峰。ピラミッドのマチャプチャレ、象の形のア3峰、乳首のようなア4峰、ラムジュンヒマールが一望に収まります。左から2番目の写真の手前の丘がサランコットの丘で、明日行く予定。

ne467.jpg (232903 バイト) ne468.jpg (213242 バイト) ne469.jpg (269546 バイト) バラヒ寺院から帰りの渡しのうえから。

 

戻って、もう少し先まで歩き、引き返しましたが、大体のめぼしをつけていた店で、アンナプルナ地域の地図と曼荼羅屋で、手術が旨くゆくようにと千手観音のデザインのものを手に入れ、小さな仏像とネックレスを買ってホテルへ帰り、休憩して暗くなって、ホテルからすぐ歩いて行けるラ・ベッラ・ナポリという日本人女性(がといってもおばさんでしたが、)経営するイタリアンへ、ツアーの仲間4人とでかけました。メニューには、イタ飯だけでなく、和食メニューもしっかりありました。明日は、やか1500メートルのサランコットという展望台へ行く予定です。

’03・2・12