初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

ネパール紀行・・7・・

1月1日の後半です。ダンプスのロッジ・月の家から回復した天候のもと、のんびりと尾根筋を,2時間30分ほど歩いて、昼過ぎに今日のロッジのアスタムコットの村の上にある、”はなのいえ”に着いたところからです。

丘のうえにたつ、この地域では、リゾートといってもいいような、小奇麗なホテルです。ウエルカムチャイをいただき、部屋割りをして、昼食をたべました。風の旅行社の直営というだけあって、痒い所へ手がとどくという感じで、ここは、日本食をコックさんにマスターさせています。部屋で太陽熱エネルギー利用のシャワーを浴びて、くつろいで、旅のノートをつけ、広間というか、ロビーというか溜まり場へいって、全山が、姿を見せるのは、いつかと待ちながら、ネパールの自然に関する備え付けの本など読んで、過ごしましたが、夕方になってもむかいの山の霧は、上がってくれません。

ne385.jpg (299600 バイト) 昼食のチャーハン。

ne386.jpg (210935 バイト) ne387.jpg (231206 バイト) ne388.jpg (224008 バイト) ne389.jpg (221782 バイト) ne390.jpg (246363 バイト) アスタムの”はなのいえ”。全景。ロビー。五右衛門風呂。

ne391.jpg (278661 バイト) ne392.jpg (212413 バイト) ne393.jpg (217724 バイト) ne394.jpg (250021 バイト) ne395.jpg (247231 バイト) ne396.jpg (264019 バイト) ゲストルーム。入り口。リビング。ベッド。テラス。洗面所。シャワー・トイレ。床・壁にスレート状のグレーの鉄平石が使われている。

ne264.jpg (213131 バイト) はなのいえからのアンナプルナ山群方向の景色。セティー・ガンダキ川と河岸段丘の典型的な地形。段丘の上に農家が点々とあり、ライステラスがのぞめる。

ne265.jpg (232148 バイト) ne266.jpg (311031 バイト) ne267.jpg (228952 バイト) ne268.jpg (330038 バイト) ne269.jpg (228901 バイト) アスタムコット村点描。

 

みんな、諦め気分になってたころ、願いが通じたのか、5時ごろから、雲がどんどん上がりだし、夕暮れの太陽の光と競争の状態です。

ne364.jpg (475220 バイト)  ne367.jpg (504486 バイト)  夕方、雲は上がってゆくが、なかなかピークが見えない。左が、マチャプチャレ。右が、アンナプルナ・サウス。                                                                ne368.jpg (173969 バイト) ne369.jpg (145691 バイト) ne370.jpg (178030 バイト) ne371.jpg (177310 バイト) 待って待って、粘って、もう少しで、ピークが見えそう。左から、アンナプルナ2峰。マチャプチャレ。アンナプルナサウス。ラムジュンヒマール。

ne372.jpg (171258 バイト) ne373.jpg (179240 バイト) ne374.jpg (173687 バイト) 周りが、薄暗くなった頃、ようやく夕陽を浴びたピークが見えて、感激。左から、アンナプルナサウス7219m・ヒウンチュリ6441m。真中の写真の右は、アンナプルナ2峰7937m、左は同4峰7525m。右は、マチャプチャレ6993m、ピラミッド型のピークは、マッターホルンに似ている。

皆、前庭に集まり、山をみつめて、シャターを切ったり、望遠鏡で覗いているうち、西のアンナプルナサウス(7219m)・ヒウンチュリ(6441m)真正面にマチャプチャレ(6993m)そして、アンナプルナ4峰(7525m)・同2峰(7937m)とすべてが、姿を見せ、夕陽に輝いてみえました。今年は、粘れば、とんでもないラッキーイヤーになるのではと、心躍らせました。ホテルの周りが暗くなっても、標高の高いピークは、夕陽に、いつまでも、白く輝いていました。

ne375.jpg (174254 バイト) ne376.jpg (193248 バイト) ne377.jpg (208148 バイト) ne378.jpg (211226 バイト) ne379.jpg (204873 バイト) ne380.jpg (206450 バイト) ne381.jpg (205468 バイト) 雲がきれいに取れて、アンナプルナ山群が、勢揃い。上段左から、ラムジュンヒマール6986m。アンナプルナ2峰7937m、4峰7525m。ア4峰。ピラミッダルなマチャプチャレ6993m。ア・サウスへ連なる尾根。アンナプルナサウス7219mとヒウンチュリ6441m。ア・サウス。ピーク付近の雲か雪が吹き飛んでいる。

ne382.jpg (290201 バイト) 窓に映ったア・2/4峰。

ne383.jpg (243669 バイト) ne384.jpg (247718 バイト) 和風の夕食とロキシーとせんべい?で酒盛り。

向かいの山や谷の家々に、点々と、明かりがともり、空には、だんだんと、星の光がはっきりと、みえるようになり、ドラマティックで、壮大な、ロマンティックな自然と人間のドラマを見せてもらい、最も心に残る時間を、過ごしました。とても幸せな気分です。一生のうちでもメモリーされる1日になるでしょう。心のこもった日本食の夕餉をいただき、ここでも大きな五右衛門風呂で、じっくりと温もり、ロビーで、焚き火暖炉で、煙い中、ロキシーを飲みながら、しゃべり・歌い・いろんな話題(ネパール・モンゴルなどなど)に花をさかせて、夜は、更けてゆきました。明日は、山を、ミランチョークまで降りて、バスでポカラへ戻ります。

’03・2・4