初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら
院長旧ブログ

苦戦の釣り【2001・4・15】

4月15日(日)、朝4時30分に起きて、ひさしぶりに、大山の西麓を流れる白水川へ出かけました。先行者もなく、今日は釣れそうな気がして、パイロットフライを流しましたが、逆光の中、見えにくいし、魚はでないしで予定外で、少しあせってきます。堰堤を、いくつか越えて遡行しましたが、まったくでてきてくれません。とうとう 越えられない堰堤まできてしまい、引き返すことにしました。ついてないときは、悪いことが続くもので、飛び降りたときバランスをくずして 手を水の中へつけてしまい、踏んだりけったりになりました。トレーナーとシャツを脱いでしぼらないとどうにもならないくらいにぬれました。ここをあきらめて、根雨の町中から金持川を釣りましたが、でてくるのはハヤばかりで、ここもいないのかなーとあきらめ気分になります。かげろうもすこしずつハッチしているのに 腕が悪いのかと、敗北感を味わいます。いつもいつも予定通りに釣れたのでは、よろこびもたいしたことがないからと 自らをなぐさめつつ、川からあがりました。なぜか、「死せる孔明生ける仲達を走らす」の言葉が頭へ浮かんで、「釣れないやまめが我を走らす」と置き換える自分が哀れであったり 可笑しくもあったり、川で転んだり、ふと、自嘲的になったりと 肉体的にも精神的にもストレスが解消されているんだなーと実感します。

気分一新、前回釣れてリリースした真住川へ行きました。ここも小さな堰堤が続くところで ほかの区間ではまったくでません。前回2匹釣れた区間に来ましたので気合をいれて挑みました。ちょっと大きな岩の前のえぐれのいかにもというところで 昨晩巻いたCDCカディスをつけてキャストしましたら 岩の直前でピックアップしようかというところででてきましたが、食い損ない、反転していきました。抵抗がなかったのでもう一度チャンスがあると思い、少し休ませて、こちらは落ち着いて次のキャストをすべく、フロータントをぬりながら横目で水面を見て待ちます。ほんの4~5メートル先ですが、確実に魚がいるので心臓バクバクです。岩の前で思ったとおりに思ったところで出てきました。なんともいえない手ごたえがあり、20センチほどのやまめが釣れました。やっと今日の一匹です。じっくりながめてではなく、手早くAPSカメラに撮ってリリースしました。前回、この区間で二匹釣れたのでもう一匹と思い、すこし上流へいってポイントにキャストしましたが、流れに障害物があり、あの下あたりにいるんだろうと思ってなげたらでてきて、いただきとあわせたら 手応えはあったのですが、案の定、あわせぎれで ロッドをたたきつけたい気持ちを抑えて抑えて、気を取り直し、再キャストしたらピックアップ時またかかり、取りにいったら、先ほどなくしたフライと同じ所へひっかっていました。ラッキー!

昼めしを食べて、高梁川へもどり釣りました。いい場所で背中を出すような派手なライズを見つけ、得意のパラシュートをキャストしますが、風に邪魔され思うようにいきません。やっと入ったら魚はでてきたのに、ニセモノとみやぶってかえっていきました。カディスにかえてなげましたが、これも見にきますが、ばれます。メイフライが飛んでいますのでダンパターンに変えますが、ついに反応が無くなり負けました。でも、次までまっててちょうだいね。餌釣り師に釣られずにまっててくださいね。来週またくるからね。では、バイバイ。

’01・4・17